アクアガロンのすこぶる便利なポンプ Battery Water Pump AWP-006

こちら、使い勝手のよい電動ポンプです。すごくいいのでご紹介します。

乾電池、単1×2本で動きます。これを買うことは来る前から決めていたので、日本からエネループと単一にするアダプターを持ってきていました。

バリ島の電池は新品でもエアコン、TV等のリモコンが全く動かなかったことが多発したので全然信用してないです。

ダイソーのアルカリ電池を予備に、あとはエネループと海外OK充電器を持ちこんでいますがこんなにいらんでしょ的な数でちょっと買いすぎた感が否めません。

パナソニック エネループ 急速充電器セット 単3形充電池 2本付き スタンダードモデル K-KJ23MCC20

新品価格
¥1,190から
(2018/8/28 14:29時点)

海外利用可能な充電器はこちら↑
単三と単四が単独で1本づつでも、勿論2本同時でも急速に充電することが可能。

私はトップバリュ製品も混在して使っています。エネループ充電器で普通に使えているもので。

またしてもピントが違うところに合っておりますが(老眼のせいでカメラの液晶がよく見えてません)。なかなか素敵な仕様です。

パナソニック 単3形充電池用 サイズ変換スペーサー 2本入 単3形→単1形 BQ-BS1/2B

新品価格
¥302から
(2018/8/28 14:32時点)

↑単三エネループを単一にサイズ変換可能なこちらのスペーサー。

電池は2009年から使ってるのもありますが、劣化もほとんどなく現在も現役。話が電池に行ってしまいましたが、、

またしてもどこにピントが合っているのでしょう?

上にオンオフのスイッチがあり、オンにすると水が蛇口から結構な勢いで出てきます。よわよわしく出す技術は備えてませんため、鍋やペットボトルへそそぐ場合はよいのですが、小さなグラスに注ぐ場合は勢い余ってそそぎすぎにご注意。

蛇口には栓があるので、使ってないときに虫など何かよからぬものが侵入する危険もなく、水を出したあとも水が滴ってくることもありません。

ボトル口のねじをまわし、緩んだところでポンプ自体を後ろや前へ少し強めに倒すと外れます。最初わからずあたふたしましたが。

箱はこちら。

結構長いので、自転車やバイクで買いに行くのはちょっと持って帰るのが危ないです。

お値段は10万ルピアしなかった程度で、約700円くらいですので機能と自分ひとりで設置できる点を考えたらなかなかナイスな品と思います。

あと衛生面もGOOD。

Dapur Prima

購入店は上記地図のDapur Primaというお店。2018年8月初旬購入。1階に置いてましたがいつも商品があるとは限らないのでそのあたりは責任逃れ発言を入れときます。

この品、その辺のお店では売ってないので外国人在住者も知らない人が多いようです。これだと自分ひとりで装着できるので、人に頼まなくてもいい点が利点。

アクアガロンを購入

飲み水が無くなりました。

新しいガロン様です。
サヌールの地元民が使うスーパーで買うと16000ルピア。観光地付近のスーパーにいくと価格が上昇していたりします。

これは?

ボディを拭くんだそうです。

キャップを開けるのに悪戦苦闘し、か弱き自分を呪いましたね。。なんでこんなもんも開けられないのだ。意外に固いのです。

差し込み、、

押し込んで装着完了。やっとここに引っ越してきて2本目のガロンが我が家に。1人ですと2週間で1本無くなるペースです。二人ですと1週間で1本無くなっていました。自炊もそこそこして、という使用頻度。

このヘヴィ級に重いガロン水をアパートの手配サービスなしで不慣れな外国人が自力で買うのは大変

女性は特に自力購入は難しいと思います。バイクで買いに行く人もいますが、正直こんな重いものを足元に乗せて走行するのは危ないですし、自転車ではまず無理かと。

このガロン水が我が家に来たのは8/18の夕方でした。無くなる前にかなり早めに注文したのに、結局業者がいい加減で来ると言いながら待てど暮らせどデリバリーされず、とうとう何本かあった備蓄ペットボトルもなくなり水が底をついたこんな海外で~。

高熱があって出かけるのも大変、さらに自転車細工され買いにもいけず夜になり・・誰も助けてくれない怖さを知るはめに。

飲める水がなくなるって、本当に恐怖です。ないとなると不思議なことに余計喉が渇いてくるのです。日本ではそんな体験することはまずないと言えますね。たとえ料金滞納しても水道だけは止まらないそうですから生存の上で大事なライフラインってことです。

配達は、くるくるといって全然こない、地図も教えたのにこない。何十時間待たせる気なのでしょう、あんたもう来る気ないでしょ?

8/18になり、大家さんがアパートに掃除に来た際、水が全然来ないことを訴えたら彼女は心底驚き、急いでバイクで買いに行ってくれました。大家さんに頼んだら5分で水が我が家に設置されました・・あの待てど暮らせどは何だったの・・

私は一瞬1~2センチしか持ち上げることができないような重たい水を、二階の部屋まで抱えてもってあがってくれました。バリの女性ってすごい。。私がやったらぎっくり腰になりそう。

自転車で散策中に水業者をほかにみつけたので、次回はそちらに直接注文に出向き、デリバリーを頼もうと思ってもう値段も確認済。

正直、デリバリー代なんて15~20円くらいのあってないようなもんなのに、そんな小銭より外国人の貴重な滞在時間を奪う罪を考えていただきたい。のんびりまってたらいいのに~っていうのは、水とかガス以外の話でお願いしたい。

やっとご飯も炊けます。

そして今頃気づいたこのスイッチ何?

時々視界に入っていたのになぜ今まで気づかなかったのが自分にウケますが、これ電気のスイッチであります。つけてみました。

あら~、蛍光灯の電飾がつきました。

目が悪いため、この天井に埋まってるものが電球に見えず、火災警報知かな?なんて思っていたのですが、そんなハイテクなものアパートにあるわけな

部屋が明るくなりました。

SOUL ON THE BEACH

今日はお友達とサヌールビーチ沿いにあるオシャレなお店「SOUL ON THE BEACH」でランチ会でした。お友達と言っちゃっていいのでしょうか。日本からふらっときた私にもお声をかけていただきすごく嬉しいです。

ここまではグラブタクシーで皆で乗り合わせて来ました。行き帰りでなぜかタクシーの値段が3倍違ったのですが(時間帯とか、帰りはビーチから乗ったから割高とかあるのかもしれません?)タクシー往復乗った合計を5人で割ったら一人9500ルピア≒74円という激安で驚き通り越して・・・

ビーチ側は太陽の光が凄かったので店内のほうに着席。メニューを見るもすべて細かい字の英語・・・字がちっさい(笑)

その上びっしりとお料理の内容まで書いてあり、写真がなかったためメニューをみただけで解読する気力もなくなり、皆一同しーん。

どうする?
どうする?

私はこちら↑にしました。フランスパンにスモークサーモンの分厚めなのがどーんと乗っかり、半熟たまごにチーズのような黄身のようなソースがかかった品。

凄く美味しかったのですが外国あるあるの量の多さに最後はむりやりお腹に詰め込んだ形になってしまいましたが大満足であります。このスモークサーモンは日本のと違って生っぽいサーモンで私の好みでした。

お友達が注文したお料理も載せておきます。こちらもオシャレな盛り付け。右上にあるベリーヨーグルトは

「それ混ぜるんじゃないの?」
「その小さいスプーンで」
「あれ・・スプーンのほうが大きくて入らないけど・・・」

Oh my gosh!

こちらはサラダ。シードがいっぱいのっててヘルシーで健康的。

こちらはフィッシュアンドチップス(だったかと)。これすごくおいしかったようですよ。

 

 

お次は巻物。写真で見るとそうでもありませんが、実物はびっくりするほどでかくて、日本で見慣れているものと太さが違うね。三倍くらいあるね。

太巻きくらいの太さでボリューミー♪

ブルーベリーチーズケーキ。おいしそうです!!私はサーモンでーんと、スムージーでお腹満腹沸点超えたのでもう一ミリもお腹の隙間なく、あとはしゃべるほうでたのしみました。

こうゆうオシャレなお店って、旦那さん衆は入りたがらないよねーって皆さん。へぇそうなんですね。

SOUL ON THE BEACH

お店はこちらです。お客さんはほぼ白人で占めておりました。お値段は結構お高めですが、たまにはいいですね。