バリ島の普通の石鹸 Lifebuoy

バリ島のスーパーで売られている普通の機械練りの石鹸たち。お土産品などで売っているコールドプロセス製法のではないという意味の「普通の石鹸」です。

右のジョンソンのは1個5000Rpで日本の牛乳石鹸に似たような香り。(ちょっと違うけど)

左の三種(Lifebuoy)はシャンプーなどを購入したときにプロモで付属してきたおまけ品。販売価格は1個3000Rpくらいです。ちょっとデザイン的に、買う気がなくなるパッケージだなと個人的には思うのですが・・・

しかしこれがまた、結構いい香りしていてなかなか使える子たちなんでブログに書いてみようと思った次第です。すでにオレンジ色の石鹸を使いましたがみかんのいい香りでした。上記の三種はまだ使ってませんが、赤とグリーンはちょっと違うかなという香りのような・・・(あくまで個人的主観です)

ホワイトは、これぞまさに日本の牛乳石鹸の香りでGOOD。

現在は浴用に青(Cool Fresh)を使っています。こちらは洗練されたフローラルな香り?でドはまりしています。ただ、色がどぎついし見ためにギョッとしますかしら・・この青は何の青やねん・・なんでしましま柄やねん、ちゃんと混ぜてないね?とシャワーのたび毎回思ってしまいます。

パッケージにはCool Freshと書いてありましたが、もしやと期待したシーブリーズのような爽快感は皆無。個人的にはこの青と、ホワイトが普段使い石鹸にはお気に入りになりそうです。

ただしお土産には難しいですね・・デザインがビミョー。あと、やはり使い心地はコールドプロセスの石鹸には負けますので、こちらは日本の牛乳石鹸の感覚でお使いになる分には香りも良く価格も安くてベターと思います。

100均のネットクリーナースポンジ

余談ですが、日本の100均で売ってるスポンジ。(6~7つくらい入ってて白いネットに包まれている品)、これ、ネットを取って手の平サイズにカットし、洗顔の泡立てネットとして使用していますが、日本で使っているときは大体2週間ほどでスポンジのふくらみがなくなりボロボロになるんですね。

スポンジを袋から出すと空気にふれるためすぐに変色し、なんかきたなーい色になりますし。新品の状態でも袋から出しておくと茶色がかったように変色するので保管するのに気を使っていました。

しかし長年、スポンジとはそうゆうもんだと思っていました。

が、どうでしょう?!

バリ島にはとりあえず三個カットしてスーツケースの隙間に無理やり詰めて持ってきたのですが、左のピンクはまだ未使用状態で保管、もともとの商品の色で、空気に触れまくっているのに変色も起こってません(ドウシテ!?)

これは。。日本と空気が違うってことでしょうか、えぇぇ(;^_^A

そして、右のスポンジはバリ島で1カ月以上使用しているもの。色は真っ白になったものの弾力は全く損なわれず、ボロボロにもなっていません(o‘∀‘o)まだまだ使える、この分だと半年だってラクラク持ちそう。まさかのまさか、水質のせいですか?バリは井戸水で飲めませんが、スポンジには優しい?

ということは・・・

日本でスポンジがボロボロになるのは塩素の影響?
空気に触れたら変色するのは空気がキタナ( ̄_ ̄)。。。

visa更新のためイミグレへ

今日はソシアルビザ1回目の更新手続きのため、デンパサールにあるイミグレーションまで自転車で行ってきました。

Immigration Office Class I Denpasar

家からイミグレまで、道がすいていて走行しやすかったのもありますがおよそ30分で到着。事前に一度、場所確認のためここにきていたので予想よりかなり早く到着してしまいました。

敷地の中に入りバイク置き場に自転車を停め、この玄関の前でエージェントのバリ人女性と待ち合わせ。彼女ももう到着していてすぐに会うことができました。

visa更新の書類上の手続きはすでにエージェント経由で完了しており、今日は写真撮影と指紋を取られるだけです。

ソシアルビザは合計4回更新できますが、初回のみ写真と指紋採取が必要。指紋は全指です。インタビューと書いてありますが、特に何も聞かれませんでした。

何回もソシアルで再入国していると、「バリで就労してないか?ルピアを稼いでないか?」などの質問があるようです。

自分の番号が掲示板に表示されたら個室に入るのですが、私の次の人は西洋人で、審査官ににこやかに「Hello. How are you?」なんて挨拶していてむむむむむ・・・

そうか。。挨拶をすればよかった・・と思ったわけです。

日本であれば、まぁ何か言いますね。宜しくお願いしますとか、どうも~とか、こんにちはーとか。

今回私は、無言&愛想笑いで着席し、審査官の方ととくに言葉のキャッチボールはなかったような。それよりも、終始「何かインタビューされたらどうしよう、何を聞かれているかの質問がたぶん聞き取れない」という不安を心にブラブラぶら下げていました。

しかし実際は写真はいつ撮影したのかわからなく、指紋はわかったけど、、電子版みたいなのに漢字でサインを書きあっけなく終了。

イミグレは混雑してましたが待ち時間も30分ほどでしたので何の苦痛もなく暇つぶしすることもなく、興味本位であちこちキョロキョロ観察しておわりました。

あと残り三回の更新もエージェント経由となりますが、次はもう私が出向くこともなく、エージェントにお金を払うのみで年末までバリに滞在することができます。更新手続き中、パスポートはイミグレにありますので、しばらく手元に無い期間が発生します。

手続きは自分ででもできるのでしょうけど、イミグレまで行ったり来たりを何回か繰り返し、その都度待ち時間もかかり、言葉の問題もあり、雨が降ったらタクシー移動になり。。と、貴重な時間や労力を考えたら、エージェントにやってもらうのもひとつの方法かと思います。

ちなみに1回の更新で支払う額は800,000Rpでした。価格はエージェントによって違いますが、仲間内では良心的な価格でやってくれていると評判です。