旅準備 33リットルのバックパック購入

機内持ち込み用の荷物として、バックパック「2018モデル コールマン ウォーカー33」を購入しました。

33リットルってものすごく大きいですね。身長が乏しいせいかベルトなどをきゅうきゅうにしてやっと背中に何とかフィット。そうすると今度は下ろすのが大変というおまけつき。

持っていくラップトップ(あ。。手垢が・・)は確か11.5型くらい。

ここはラップトップ入れではないよう?ですが、背中にちょうどいいサイズの仕切りがあり余裕でINできました。

このバックパックは2018モデルの新型で、以前のウォーカー33も外観は同じようなお姿なのですが、この中の仕切りがないようなのです。この仕切りは私的にはとても大事だったので、買うなら2018モデルがよろしいかと。

登山用なのでウエストベルト、チェストベルト付き。このベルト付きがほしかったのです。

重いものを入れていると普通のバックパックでは肩が凝って、終いには吐きそうになりますから腰胸ベルトで肩への重さが軽減されるコレは嬉しい仕様。(根っからのインドア派なもので、登山用とか知らなかった・・)

鞄だけじゃなく、荷物を減らしたり軽くしたい海外旅には登山用の商品って便利みたいです。洋服なんかも軽くてすぐ乾くものがあり。

おっと、謎袋付きです。

そして防犯用に、バックパックのジッパー根元に南京錠をつけたいのですが、あれ?は・・はいらへん・・。

ジッパーに南京錠をつけていてもポテチ開けできますけど、一応防犯対策はしていますよ?のアピールにはなります。

そうだ、カバーにしよう。どうですか、名案でしょう?

まだちょっと3月は雨季のバリでもありますからスコールをお見舞いされることもあろうかと思います。更に、バックパックをしょって歩いている時に後ろからそろっとジッパーを開けられて中のものを盗難される予防としても役立ちます。

さすがにカバーを取られそうになったら気づきますから。

カバーに留め具があるのでこそっと取ることはできないのです。

夜着トランジットで空港野宿するときも、バックパックにカバーをし、さらに寝るベンチのあしなどにワイヤーロックでバックパックを繋いでおくと、グースカ寝てるうちに盗難される・・ってことも防げますね。繋いだバックパックは枕にするのです。

ところでこちらの商品は近所のお店で25リットルのを見ていたのですが、33リットルは置いてないと言われたのでネットで買いました。

【2018年モデル】 【正規品】 Coleman コールマン walker33 ウォーカー33 リュック 2018SS リュックサック バックパック デイパック メンズ レディース 男女兼用 ブラック ネイビー 33L

価格:7,128円
(2018/2/28 19:20時点)
感想(3件)

↑先週こちらで買ったらポイント10倍で、クーポン500円割引までしてもらえてなかなかお得に買うことが出来ました。クリックすると楽天のショップにつながります。

AGPTEK レインカバー ザックカバー 防水カバーリュック 雨よけ S:18-25L 通勤 通学 アウトドア活動 2個入り ブラック

新品価格
¥990から
(2018/3/6 06:36時点)

↑カバーも紹介しておきます。アマゾンにつながります。

2個セットでお安いカバー。Mサイズ(30~40L)を購入しましたがものすごくジャストサイズすぎてちょっとキチキチ感が漂う、、Lでもよかったかもしれませんが?

今回はバックパックとスーツケースで行きます。スーツケースは鍵がかかるので滞在先での盗難防止用ボックスとしても使えますし便利でしょう?

盗難のことばかり心配していますが、よく考えたらホテルを転々としないので今回はそんなに危なくないはずです。

海外保険加入(eとらべる海外旅行保険)

今日は海外保険加入の手続きをしたいと思います。

普通に担当窓口でする予定でしたが、保険料が2倍以上違ったので((゚Д゚ll))ネットにしました。2倍の価格差は、窓口で加入するほうが補償内容が手厚いからでした。

まずはあいおいニッセイ同和損保のHP、海外旅行保険のページを読破。やっぱりクレジットカード付帯の保険とは違いますね。重複してる部分が多いですが、良い部分はもし何かあった際に

・「AD海外あんしんダイヤル」に電話すれば24時間年中無休、日本語対応。
・キャッシュレス診療(病院によっては使えない場合もあり)

なとこですね。日本語24時間対応のバリ島の「キャッシュレス・メディカルサービス提携病院」は現在7つあり、場所はクタ、デンパサール、ヌサドゥア、ウブド。OH!私の滞在する地域がありませぬ。デンパサールは行ける範囲ですが。

当然ながら携行品損害や、航空機寄託手荷物遅延等費用なんかも付いています。

何が怖いって、私が心配しているのは盗難なのです。空港でスーツケースを破損されたり、中身を取られたりとか話に聞きます。あと滞在中のまさかの泥棒や、街中でのスリ等。

更には「やばい腹痛」くらいでしょうか。

このような小冊子とパンフは既に入手済みです。準備がいいでしょう?加入前から持ってるなんてd(。ゝд・)

この小冊子には保険請求する際の必要書類など挟まっています。現地で医院にかかる場合はここについてる診断書に書いてもらえばスムーズなのでしょうね。

もし盗難などにあった場合は、現地警察の証明書なども必要です。何かあったらAD海外あんしんダイヤルに電話して指示を仰ぐのが先みたい。

インターネット専用 eとらべる海外旅行保険

あいおいニッセイ同和損保の商品、「インターネット専用 eとらべる海外旅行保険」から申し込みしました。

選んだものはタイプAというオーソドックスなもの。旅の日数が増えるほど高くなっていくので、1週間くらいの旅行であればなかなか安価でびっくり。

面白いのでいろいろ見積もりしてみたら、ヨーロッパアメリカなどはわずかに高くなり、アフリカ・中南米は価格がびっくり跳ね上がっており、事故率の高さが伺えます。

申し込み自体は簡単でしたが、途中でいろいろ読まねばならず時間がかかりました。

保険料は約1カ月のアジア滞在で13,870円でした。

インターネット専用商品の「eとらべる海外旅行保険」では、保険証券は原則発行していないため、ご旅行の際は契約成立後に表示される「契約確認書」を印刷いただくか、保険契約番号などをメモしたものを携帯ください。

確認書を印刷。

契約完了までに、隅々まで読んだので頭痛がしてきました。がんがんがん。しまった・・

自分メモ

・eとらべる海外旅行保険に加入。確認書を印刷したもの、小冊子を現地に持っていく。
・クレジットカード海外保険自動付帯:2枚
・クレジットカード海外保険利用付帯:1枚(→空港行きの交通費支払いで使用予定)
・eとらべる保険料の支払いは上記とは違うカードにしました。

しっかり海外保険に入りましたが、過去一度も保険請求したことないんですよね。