手動コーヒーミルが壊れました→自己修理

コーヒー好きの私が海外生活で毎日使っているこのオールインワンタイプの「手動式コーヒーミル」。

最初は細かく挽けていたはずなのに最近やたら粗挽きになってるような?!

いやいやちょっとあーた、もーこれは粗挽き通り越して木くずみたいな風貌ではないですか。

細、中、粗挽きと設定できるはずなのですができないし、日ごとにゆるゆるしてくる有様です。ようやく疑問に思って(我ながら気づくのが遅いですが)、臼の部分を見てみましたところ

すり合わせる部分がこんなに開いてガバガバになってました。

押さえてみるとこんな感じになりますが手を離すと開いてしまい、それをどうにもできない状態。ヘルプミー!これ何とかして~~~。

しーん。。。

誰も助けてくれません。

日本だったら(購入先アマゾンだし)返品しか考えませんが、海外にいるとそうゆうわけにもいかず、帰国はまだまだ先ですし、さらにコーヒーミルが売ってないので(数万円するものなら売ってますが・・)

これを何とかせねば今後のおいしいコーヒー生活が滅亡の危機にさらされてしまってます。

何とかする方法はないかな?
なんかないかな?
おーぃ。

って、何もないです工具すら持ってません。

おっと、TV台の上に転がっている扇風機買った時のコードを巻いてた針金みたいなこれ↓

ま・・・巻いてみました。
なんかちょうどいい塩梅なような。

臼がいい感じになりました。厚みのある針金なのでうまく固定されています。この状態で、粗粗粗挽きになったしまったコーヒー木くずをもう一度挽いてみました。

おぉっ、いい感じの挽き具合になっているではないですか。
流石わたし!?

本来は上部のナットを回して挽き方を調節するのですが、そのナットがバカになっているのか?どっちに回しても動きませんで、針金で固定。

やればできるじゃないですか。

この商品に関しては欠陥商品であるため納得いきませんが、次帰国するころには保証期間が過ぎているのでこのまま使いたいと思います。

やっといい濃さのコーヒーがドリップできました。

このオールインワンのステンレスドリップは使わず、ただ豆を挽くだけに使っています。その後、別途購入したドリップ器?と紙フィルターを使用。ゴミの処理が面倒だから・・

オールインワンのこの商品、レビューでは細引きしかできない、調節できない等マイナス意見がいくつもありましたが私のは逆で細挽きができなくなって・・

本日のごはん

というわけでミルの修理?を終え、ご飯食べに出かけました。

こちらナシゴレン(Rp.20,000≒156円)でございます。チャイニーズ風なので日本人の口に合うのでお気に入り。

ジェンガラ アウトレット

こちらはサンセットロードにあるジェンガラアウトレット店。ジェンガラでの検索が多いので再びポストしてみます。

あれ?去年も50%オフの表示がありましたが・・・もしかしたらいつもそうなのかもしれません?!

Jenggala Factory Outlet

サヌールにも小さめのジェンガラアウトレットがあるのですが、品数が異様に少ないのでいろいろ見るならクタのほうがいいです。尚、正規店は遠いし場所もわからないので行ったことがありません。

今回はこの2点を購入しました。コーヒー飲むマグと顔のついたカップ。合計24万ルピア(≒2000円)くらいだったと思います。

使い始めて気づきましたが、顔カップは熱いものを入れたら熱くて持てないので主に水飲み用と化しています。

このグリーンが好きで、毎回バリにくるたびカップを買って、帰国するときに機内手荷物として持って帰って、またバリに来たら新しく買うパターンになっています。

他にも青や赤、白、いろんな色の陶器がありますが、私はグリーンが好みです。本来ブルーが好きなのですが、陶器のブルーがちょっと暗めでうぅ~ん、という印象もあり、グリーン一択です。

あと、バリの水道で食器を洗って自然乾燥させると水滴のあとかたがついてそのうち取れなくなってしまうため、食器を洗ったらすぐにフキンで拭くようにしています。そうすると食器も綺麗なままピカピカ。

Jenggala Sanur

品数は少ないですが、ジェンガラサヌールはこちら↑。