3日目|お洒落カフェやカニワルン

散歩

バイパスまで出られたらいいな、と思ってスマホGPS頼りで散歩に出かけました。

ちょくちょくお犬さまに遭遇するのでギョッとなるのですが、私に興味のない犬の様子がちょっとだんだんわかってきた感じもします。こっちを見ない、もしくは見ても「ふんだ」って感じをされると特に犬に遭遇しても怖がる必要はないです。

鶏くん。
ここの前、すぐ道路なのですが柵がなくても安全に?生息しているみたいです。

午後の昼下がり。
zzz。。。

なかなかおしゃれな感じです。

ふらふらっとさまよっています。大きなおうちが増えてきました。

牛。
ほんま、自由やな。

もう少し近寄ろうと思いましたが、あまりにガン見されるので後ずさりしてしまいました。

ふと気づいたら至近距離にわんこが。

お洒落カフェで休憩

Maimalu Coffee House

途中みつけたスーパーに寄ったりもしたのですが、紫外線がきつすぎて肌がやばいのと(アレルギー持ち)足がくたくたで空腹もあり、しかしワルンに入るのは勇気が必要で、と困っているときに発見した綺麗なカフェ。

入ってみました。

お客さんは私以外にもう一人だけ。クーラーが強めに効いてて噴き出した汗の玉がスーっと消えていきます。スタッフの方は若い男性が三人くらい。英語がかなり通じる印象でした。

本日の夕方ごはん

というわけでMaimalu Coffee Houseにて
クラブサンドイッチ(Rp55000)とミネラルウォーター(Rp10000)を注文。
合計503円くらい。

バリに着いて、やっとまともな食事をとりました。
とてもおいしかったです。

携帯ショップ

帰りに携帯ショップに立ち寄り、今後のために気になるスマホSIMの価格をお尋ねしてみました。

テレコムセル10GB=Rp75,000≒580円

特にふっかけられることもなく、最初から安価な価格を電卓で提示されて好印象。次回からここで買います!!

最初はクタのような感じなのかな?と少し警戒していましたが、サヌールは雰囲気が違います。暮らしやすくて好印象です。在住西洋人が多いせいもあるかも?ですね。

スーパーにて

テフロン加工の鍋を購入。Rp114,550≒890円

残念ながら蓋つきのテフロン鍋は売ってなかったのでご飯を炊くのは早々断念。持参した無洗米はお粥にします。

少し深型なので汁もの、焼もの、なんでもござれ。

本日の夕食

家に戻ってきたら、同じ宿の女性からお誘いを受け、突然知らない人の中に参加させてもらえることになりました。こちらで在住されている日本人ご夫婦の方々、お子様たちにもお会いし、とても楽しい一夜でした。

今回がワルン初となりますが、カニの美味しいお店です。

あいにくさっきクラブサンドを食べたのでお腹の隙間があまりない状態ではありましたが、辛くないカニとイカンスープ(魚のスープ)をいただきました。どれも美味しかったです。もっと空腹だったらなぁ。

ここで初めてビンタンビールレモンを少し味見させてもらったのですが、これまった美味しくてかなりびっくり。ビールの味よりも甘いレモンが勝利していて飲みやすい。

明日から私はビンタンビールレモンでいきますわ。

2日目|バリ着 SIMカード購入 ぼったくられないサヌール?!

チャイナエアライン エコノミービジネス状態

チャイナエアライン、台湾→デンパサール(バリ)行き。
おぉぉっ、これは「エコノミービジネス」ではないですか。ガラガラという意味で。

通路側にしたのに隣の2席は空席です。よって、肘当てを上げて三席使ってグースカ寝る作戦が決行できました(他の方々もそうしていました)

でもまずは腹ごしらえ。りんごジュース。

チキンかシーフードだったので、シーフードと言ってしまいました。これがまた・・過去、機内食で一度も文句を言ったことはないのですが、初めて言います。美味しくなかった。

寝るで~。

着陸態勢アナウンスがあり、急いで外の写真を撮りました。すっかり忘れていたのです。今回、エコノミーの前のほうの席を確保した理由は「着いたら一目散に出て預け荷物を取りにいきたい」であります。

バリ着

OH!バリに着きました。がらがらです。

荷物もわりとすぐに出てきました。やはり観光客が少ないのはアグン山の影響でしょうか。

入国審査では、何日いるの?と聞かれたので27daysと答えました。それ以上は特に何も聞かれず。

税関では、申告書に「食品」のところ「はい」にチェックを入れ、裏に持ってきた動物性の食品だとかをくそまじめに記入したのに、ちらっとすら見もせず、ハイいってよしーってあ~た。スルスルーではないですか。

どんだけ心配したと思ってるんですか。何の心配もいりませんでしたよ。でもちゃんと申告書には書かないとあとから見つかるとややこしくなります。

私のスーツケースはカバーをつけていたため、「あぁ、めんどくさい」ってことでスルーでどーぞ~~ってなった可能性も考えられるかもしれません。勿論、見た目からして怪しく思われなかったこともあるのでしょうけど。

サヌールに移動

税関を出たらそこはもう見覚えのあるミーティングポント。お迎えのドライバーさんが私のフルネーム漢字プレートを持って待っていてくれました。お迎えを頼んでいると、タクシーの客引きなどの攻撃にあわずに済み、悠々とこの場を去れるので良いと感じました。慣れてくると自分で移動できるでしょうけど、荷物が重すぎるのでやっぱりお迎え必要~。

あ、あとから判明しますが、お迎えに来てくださった方は宿のバリ人のオーナーさんでした。うひゃぁ失礼いたしました。

どうりで、ドライバーさんにしてはえらい乗り心地のよい高級車だな?と思っていたのです。ふふ。

SIMカード購入

ヴィラに向かう途中、安全な両替屋さん(サヌールのBMC)と、SIMカード屋さんに寄ってもらい、無事ミッションも終了。

いつものテレコムセルSIMカード15GB
Rp 100,000≒770円

スマホを英語設定に直して、店員さんに渡したらささっと設定してくれ、すぐに完了。

バリ人と一緒に行ったのでバリ人価格でお安かったのかな?と思っていたのですが、後日サヌールのSIM屋さん(オッポー等の看板のある店)にて私一人でお値段を聞いてみると、テレコムセル10GBが7万ルピアと言われて、「へぇ。。外国人でもボラないんだ・・」と驚いた次第です。

現金両替

BMCでの両替は7万円分いたしましたが、ちょっとした札束になりました。お札が多いので機械で枚数を確認し、渡してくださいました。

4万円ちょっと分をヴィラに支払い、3万円が生活費+電気代の予定です。

滞在先に到着

ゲリラ豪雨の中、一か月お世話になる滞在先に到着いたしました。住まいになるので個人情報もあり詳しくは書けませんが。

一か月契約のキッチン付きヴィラ、広くて快適です。いろいろご説明いただき、お支払いも完了し、さぁと思ったらもう薄暗くなりかけていて慌てて財布など用意し、持ち歩かないお金などはセキュリティボックスに入れいざスーパーへ。

近所のスーパー

小ぶりのスーパーですが2階には生活雑貨もあり、一通り何でも揃います。暗くなったら犬が恐いのでさっさとお菓子を買って

お気に入りのポタビーやきのりと、Piattosというオーザックをあっさり軽くしたような食感のイモ類おかし。

と、カップめんを買いました。

3点でRp 20,750≒160円

お釣りがRp 1,250と出ていますが、もらった小銭はRp 1,200。
Rp 50≒0.4円ほどなので1円以下は切り捨てのようです。