2018年 バリ島ひとり旅するー

兼ねてから「次のバリ島滞在では是非ニュピ(2018/3/17)の夜、超ウルトラワンダホーな満天の星を眺めて、日本では体験できないであろう美しい世界に私も包まれたい」と思案していたのですが、2月に入り、さぁ航空券ゲットするォォ~と思いきや風邪でどえらい長いこと寝込み、すこぶる体調の悪化でもうダメかと思い、いや、治るでしょう?えぇ、まだ微熱下がらない?マジで?長くない?なんなんちょっと?急速老化?・・と言うとてつもなく不毛すぎる2月を延々過ごしており、そして3月、ようやく元気になったので「ひとりぷらり旅、バリ島一か月」をこの度決行できることとなりました。一文が長くて日本語が変。

がしかし、いかんせん希望渡航日はド迫りし、必死にアレコレ調査し(完全なる個人手配が初めてなもので異様に段取り悪いヒト)、予約サイトなどでホテルを探し「あらココ良いわぁ」と口コミを見れば、びっくりするようなトラブルや超引くような切実なる日本人旅人の「みんな気をつけて」っていう書き込みが。

正直すごく怖くなりました。勿論そんな不運にはなかなか当たらないのでしょうが、もし万が一でも当たったらあーた、宝くじじゃないんですから英語不自由なのでアレコレ対応不可能です。

長い期間あちこち転々ホテル滞在が私にはまだひとりでは難しい、となると旅などどこも出来まへんがな。
けれど言葉の壁があるため安全を第一に考えたいのもあり。

外国の空港でぽつんと待ちぼうけ、ホテルで頼んだ送迎と会えない、忘れられてたから自力でバイクタクシーで行った・・とかそんな口コミも更に発見し、不安増大。手ごろなホテルを転々と4~5日間隔で渡り歩きながらクタ、ウブド、サヌールをプラマ社のシャトルバスで移動しよう!っていう構想はガランゴロン崩れ落ちたのであります。そうゆうのはもっと慣れてからにしよう。

というわけで、初ひとり旅、今回は「不安要素を可能なかぎり排除し、安心な旅程でコスト的にも有難いよ」という日本人経営の宿に一か月滞在し、空港送迎もお代を払ってお願いすることにしました。

いざ、手配準備

先に宿泊先オーナーにメールで連絡を取り、お部屋の空きを確認してから少し待ってもらい、初・ネットで航空機手配をモタモタしながら頑張りました。

初・webで航空機手配

今回、サプライズで手配しました。運営はHISのようで、子会社なのでしょうか。検索画面もHISとなかなかくりそつ、特にヘルプには私の知りたいことが全部書かれており、わざわざ不明点をお問い合わせしなくても済みました。決済後、電子領収書が自分ですぐに印刷できることが利点。もしJTBが電子領収書に対応していればそちらで買ってい・・

ヘルプなどあちこち読みまくり、知識モレがないように目を通してからいざ購入。名前のスペルミスや姓名が逆とかで搭乗不可・どえらい勉強代を支払うはめになりたくないので、目的の飛行機を選んでから決済前の画面で30分くらい何度も名前のスペルやクレジット番号の確認をパスポートやクレカとにらめっこしながら長らくしていたなんだかとても気の毒なわたし。

最後の決済ボタンを押したらもう後戻りできません(ぎりぎりですから、高額なキャンセル代がいきなりかかるのです)しかし決済を押したらすっきりしましたよ。何かが抜け落ちたようなポカ~ン。

そうそう、サプライズでクーポンが出ていたので緊張しながら入力したら500円引きおめでとうでお出迎えでした。アマゾンで買い物ポチる気軽さとは雲泥の差でしたがよい経験でした。旅慣れた方からしたら失笑モノでしょうがいやはやお恥ずかしい。

最初はずっとガルーダ直行便でラクして行くことしか検討してませんでしたが、3月に入ってからエアーを検索するとチャイナエアラインの安い経由便が出たので目が眩みました。経由して野宿するだけで35000円も安くなるのです。12時間くらいのトランジットを2回で35000円稼ぐのと同じでは?しかも台湾桃園空港トランジットで、ここはとてもきれいで快適な空港で有名らしく、その情報は兼ねてからネットで見ていたので興味があります。

■利点
・台湾トランジットなら是非やってみたいのでそれをイベントにしよう。
・直行でいく予算より35000円浮くのでそれで海外保険に入っても釣りのほうが大きい。
・発着時間ともに、この経由便のほうがかなりよい。
・私は夜型なのでたぶん寝なくても全然平気。
・復路便はトランジット時間がもう少し長いので、空港内ではありますが台湾料理堪能イベント開催。

■不安点
・空港トランジットゾーンに一晩滞在でまた風邪をひかないか?(空港は空調でさむいらしい)

参考
桃園国際空港で一晩過ごしてみた
台湾桃園国際空港で、無事に一晩過ごせる?空港内で宿泊してみた。
桃園空港って案外トランジットで過ごしやすいよ!

海外保険

保険は毎度お馴染みアイオイニッセイに入ります。webから申込したほうがお安いのでそちらでのちほど。

クレジットカード自動付帯の海外保険もあるので、3重くらいになります。

宿泊先

航空機を決済したのち、オーナーさまにメールをし予約をいたしました。空港送迎の途中で両替所とスマホSIM買うお手伝いもお願いしました。ドライバーさん、日本語できないかもしれないので英語とインドネシア語で文言を調べて紙に書いていこう←どこまでも心配性なヒト。

外務省たびレジに登録

また最初から「たびレジ」に登録しました。現地の災害情報や危険情報、怖い情報などが起こったらいち早くメールでお知らせしてくれるものです。去年登録したのにログインできず、とっくに期限が切れておりましたよまぁ確かに。今年は何度か海外旅行に行くつもりなので、今回は有効期限を一年にし、再度個人情報を入力しなくてもいいようにしました。

今日はひとまず飛行機と宿の予約という大仕事を終えたので満足です。半年ほど放置していたブログですが、これから頻繁に更新いたします。