10日目|バリ島サヌールの人気店 ワルン クチル

本日朝食

ご近所さんからチョコレートをいただきましたので、珈琲とともに。

薄くて食べやすく、中にナッツなどいろいろ入っているとても美味しいチョコでした。こちらでは常に暑いのでチョコが溶けそうでなかなか購入できないでいたので嬉しいです。

サヌールの海へ

いつものようにひっきりなしに車、バイクが通りまくり信号もない、不慣れな人にはいつ向こう側に渡れるのかしらと気が遠くなるバイパスを超え、タンブリンカンまで出、フラフラ~と歩いていると意図せず海出現。

方向音痴のなせる技でございます。

砂浜は少ししかなくすぐ海!なので、海水浴というよりはこのようなボートに乗る人が多いようです。付近にはカフェなどのお店があり、勿論クーラーなどないオープンエリアで西洋人がビールやコーヒーを楽しんでいる午後の昼下がり。

彼らは絵になりますね。

本日の昼食 Warung Kecil

暑くてヘロヘロ、クーラーのある店ばかり探していたところたまたま通りかかったこちら「ワルン クチル」。

こちらのお店は人気でいつも満員のようですが、15時という変な時間に立ち寄ったせいかちょうどお客様がササ~っと引いた、私にとってはナイスタイミングで入店しました。

クーラーのきいたお店なので、お昼をとおにすぎた時間に行っても並べられたおかず達が何時間も炎天下にさらされ続けていたわけではなく、私的には安心です。

昨日腹壊してますから・・

他のメニューもありましたが、やはりおかずをみたらナシチャンプルを注文したくなりますね。えーっと、初めて食べるのでどうやって注文したらいいのか不明。

ほとんどジェスチャー注文でしたが、無事プレートを用意していただけました。ご飯の種類を選べたのですが、白ライス以外にどんなのがあるのですか?なんて突然英語で聞けるわけもなく、あわあわしているうちに白ライス盛り誕生。

どうやら、お肉のおかず、野菜のおかずで値段が分かれるようでしたが、特に気にせず好きなものをThis oneで指さし会話しました。

おかず4種とご飯のナシチャンプル、お代はRp40,000≒310円

美味しいですし、この安価。嬉しいです。

ストロベリーシェイクRp25,000≒194円

いちごとバニラアイスなどでミキサーしてくれる手作りシェイクで甘さも控えめ、美味しいです。ただ、ごはんとシェイクっていう組み合わせはちょっと違った。ドリンクは食後に、っていうのが言語力がなく言えませんでした。

美味しかったので夜食も買って帰りたくなり、パニーニをオーダーしました。このプラスティックバックが輪ゴムのようにビヨンビヨン伸びる袋で色も綺麗、興味深かったです。

が、これ後日、手洗いした濡れた洗濯物を3~4枚入れた地点でびよよーんと伸びて持ち手部分からぱっくり避け、破けてしまいました。耐久性はなかった模様。

本日の夜食

チキン、ルッコラ、チーズのパニーニ(Rp40,000)をテイクアウト。お持ち帰りだけは覚えました。「ブンクスOK?」

サラダと袋に入れたドレッシングまで入ってます。サラダはこの写真ですとパニーニの下敷きになっているため少量に見えますが、お皿に盛ってみるとなかなか沢山入っていました。帰宅後サラダだけすぐに冷蔵庫へ。

冷めても凄く美味しかったです。

ナシチャンプルとシェイクとパニーニで、お会計814円ほど。

ローカルフルーツ屋さん

すっかり顔を覚えてもらったここいつものフルーツ屋さんで毎度おなじみマンゴスチン10個。そして今回はスターフルーツ1個も購入。スターフルーツは人生お初です。

Rp22,000のお支払い。

帰り道に撮影した変わったバリの植物その1。

バリの植物その2。

今日はお腹を壊しませんでした。バリに来てから腹ゆる率が高く、今日みたくお腹を壊してない日は珍しいです。

衛生概念が全く違うので、普段日本の衛生状態でクリーンに暮らしているとどうしてもお腹を壊すことが多いわけですが、そうゆうのも徐々に慣れて強い腹になりたいです。どの国にいってもローカルフードが食べられるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です