13日目|サンデーマーケットと恐怖の犬体験

昨日の夜中は凄い豪雨でしたが、朝になるとすっかり快晴。そしてまだ一度も入ったことのないプール。

ミネラルウォーター(ガロン)

アクアガロンが無くなったので、ニョマンさんに追加で設置お願い致しました。Rp22,000です。最初に無料で設置してもらった分は12日間でなくなりました。

このミネラルウォーターは普段料理や飲料水として使っています。

今回歯磨きのうがいは普通に水道水を使ってますが、特にそれでお腹を壊すことはなく、勿論間違って飲んだりすることのないよう細心の注意は払っていますが。

今日もどこかへ

ポストが埋まってます。なかなか、こうなるのは日本では難しいと思うのですが、サヌールではそこらじゅうで見かけます。

バリのお花。

マッシモ サヌール

Massimoアイスクリーム屋さん。いつも女の子たちが集まっていて気になっていたので買ってみることにしました。奥にはレストラン。手前はアイスを食べるカフェスペースもあり。

カップかコーンか選び、アイスは2種類盛ってもらえてRp20,000≒160円です。先にお金を払ってからアイスを盛ってくれるのは、盛ったしりからメルトダウンするからでしょうね。この暑さもあって。

ピスタチオとコーヒーを頼みましたが、食べてみたらピスタチオとクッキーバニラでした。

私「ピスタチオとコーヒーください」
店員さん「OK!ピスタチオ、コーヒーね!」

って会話をしたのですが、どうしてバニラなの・・・
コーヒーってリピートしていたやん。どぉしてー。

しゅん。
ま、いいけど。

せっかくなので、教えてもらったサンデーマーケットに向かってみることにしました。結構歩くのでなかなか辛い距離です。

このあたりは高級ヴィラが立ち並ぶエリア。どんな恐ろしい値段なのでしょう。海はすぐそこです。

サンデーマーケット

日本で言うフリマか蚤の市か、そんな感じ。食べ物コーナーが気になりましたが、この炎天下、食欲もなく。。。

海。

横向けですが。砂浜ってあったかいんですね。砂浜で裸足なんて何年ぶりでしょうか。もう記憶が遠すぎですが、これって「アーシング」なんですよ。

せっかくなので放電しとこうと思いました。

でも日差しが強すぎなのでエコバックで日よけ。

西洋人とバリ人だらけで、邦人はほとんど見かけませんでした。

バリのお花。

恐怖の犬体験

帰りは来た道を戻って綺麗なワルンでナシチャンプルかパニーニをブンクス(お持ち帰り)して帰ろうとおもっていたのに、急に違う道を歩きたくなり、グーグルマップを頼りにテクテク歩くことになりました。バイパスに出る新ルートを発見してよかったです。

帰り道に前から目星をつけていた日本人経営の綺麗なコス(アパート)付近を通りかかったので、そこをちょっと見に行きましたが、なんとコスの門の前で犬が鎮座しているのを発見。こっちをじっとみています・・その目が・・

犬と私の距離は50mくらいでしょうか。

<あ。。あの雰囲気は・・やばい>
殺気を感じました。

戻ろう、、と思った瞬間犬が吠えだし、こっちに向かって「歩いてくる」ではないですか。しかも突然二匹になりました。
連れがおったんかい。

<かなりやばい。絶対走ったらあかん>

自分にそう言い聞かせながらくるっと向きを変えて来た道を早歩きで戻りましたが、後ろから犬も「だんだん小走り」で追いかけてくるのがわかりました。砂利道だったから足音がするのです。連れ犬とワンワン吠えながらですよ!!

生きた心地がしませんでしたね。
保険入ってるけど!いや、そうゆう問題やないな。

絶対に後ろを振り返らず早歩きのまま車道まで出ることができましたが、犬はもうこちらまでは追いかけてきてませんでした。私が犬がいることに気づいたその場所に二匹並んでじっとこっちを見ていました。

ゾゾゾー。
番犬なのか野良犬なのか?

実は前もいたんですよね。同じヤツです。
実はこのコスを見に来たのは二回目。一回目に来た時はたまたま犬がおらず、コスの前をうろうろっとしてマンスリーの家賃などが記載された張り紙など見る余裕もあり、管理人がいなさそうなので帰ろうと思った時にこのワンコロが田んぼからふらっと出てきたのです。

前は吠えられませんでしたがその時も連れがふらっと現れ二匹になりました。その時ワンコロは私を顔を見ていたし覚えていたのでしょう。

お前また来たんかい!って感じでしょうか。
このコスは無理ですわ・・ワンコロよ、おぬしは営業妨害しましたね。

バリの犬はリードにつながれてることはほとんどないわけですが、普段そこらで遭遇する犬は昼間なら暑さで元気がなく、寝てたりヨタヨタフラフラっと歩いていたり、人を見ても興味なさげに知らん顔、吠えもしないしじっとこっちをみることもあまりないです(私も見ませんが!!)目があっても彼らのほうから反らしてくるくらい。

むしろフラフラしてるので「おぬし大丈夫かい?」と心配になるほど、害もないのです。夜中は元気になるので「暗くなったらバイクじゃないと危険」と皆からよく言われます。

私も無害の犬と、やばい犬の雰囲気が一瞬でわかるようになりました。やばいのは目が違います。ぼーっとしてません。狂犬病で死んだ人もいますので、恐ろしいです。

が、ほとんどの犬はフラフラ君ですから怖くないですよ。