18日目|クタ スカイガーデン

バリ島18日目。なにかが変わってしまいました。よい風に。

ワゴンでお兄ちゃんが作りたてを売ってるココナッツジュース。

二回目はココナッツ丸ごとではなく袋に入れてもらいました。こちらRp5000で異様に安いです。ノンシュガーと言わないと甘味料が追加されてしまいます。身体に良い成分が沢山入っているとのことで、ちょくちょく買ってます。

ご近所お兄さん家で、ティーパーティ。女性ばかりで押し掛ける形に(笑)

ケーキを買いすぎたから食べに来て~とのことでしたが、私は今夜スカイガーデンに行くのでこのちーさいケーキ1個でも食べたら満腹中枢が働いてしまうためがまんがまん。珈琲といちごティをいただきました。

クタビーチ

自力ではサヌールから出られないので、今日は近所のお兄さんにクタまでバイクで連れてきてもらいました。本当に有難いです。

クタへはバイクで30分くらいでしょうか。こちらではニケツどころか子供を前後に乗せて一番後ろにお母さんが乗ったサンケツ、ヨンケツとか普通にありますので・・なかなかアフェーな交通風景ですが、もう見慣れてしまいました。

最初はバイクの後ろに乗るだけでも怖くて振り落とされないようにと必死でしたが、今は結構慣れましたよ。でも危険なので信頼できる人のバイクにしか乗りません。

クタビーチは人が多くて、サヌールビーチとは全く違う感じ。人がいないところを撮影してますが。海、好きだなぁ。

スカイガーデン

スカイガーデン、ナイトクラブってやつです。日本のガイドブックなどには危険とか書いてありますが、それは深夜の話であって、17時くらいから21時まで行われているタベホーノミホー時間帯は子供連れの家族もきてるしなんら危険な感じはしませんでした。

ただ、最初入り口で私の鞄はロッカーに預けるように言われてしまいました。ウエストポーチくらいの小ささならOKですが、肩からさげるバックはダメでした。

仕方ないのでカメラを首から下げ、財布とスマホなどはお兄さんのウエストポーチに入れてもらい入店しました。ここにはあれこれ持っていかないほうがいいですね。

あ、上着もダメでしたよ。(ポケッタブルパーカー)

こんなのを巻かれました。

お料理を好きなだけお皿にとって、お酒は一回の注文で一人二杯もらえます。酒飲みじゃない人は同じのが二杯くると大変そうですが(笑)

私が注文した左にある瓶のお酒は日本で売ってるスミノフアイスにそっくりな味でした。ウォッカだから中身一緒かも?

お肉も柔らかくて美味しかったです。

ここはレギャン通りの繁華街ど真ん中なのですが、恐ろしい空中ブランコがあるんですね。三人乗りだそうですが、こんな街中で、恐ろしくて乗れませんー。

サンセットが見れるはずでしたが、曇りまくりで大雨まで降りだしたのでこんな感じで終わってしまいました。

19時を過ぎたあたりから超満員になり、相席をお願いされました。前には白人のカップルが着席。

ナイトクラブっていうだけあって、ディスコみたいな空間もあり、そちらに移動してみましたが、DJの音楽がガンガンで、音楽の種類は違うけどマハラジャを思い出し、ひゅーんと昔の記憶が蘇りました。

バリに来て、10代後半のころの気持ちにフラッシュバックすることが多々あります。バイクに乗せてもらったり、ディスコ(笑)に来てみたり、夜な夜なみんなで飲み明かしたり、学生時代に散々やったよねーっていうことを今この年でまた再現しているわけです。

どうなってしまうのかしら。
楽しすぎて。

このあとサヌールに戻ってライブハウスに行きました。私をバイクで乗っけているので全く酔えないお兄さん。

17日目|サヌールぐるっと散策

今日は4時に目があいて、二度寝して7時半に起きました。うちの裏から撮影。毎日快晴。

朝はドラゴンフルーツとマンゴスチンを食べて、用意して早めに出かけました。もう徒歩で行ける範囲は方々いきつくしたのでこれ以上うろつくところも見当たらないのですが、今日は更に遠い「プラマ社」までいってみようと思います。

散策

バイパス通りにローカルスーパーを見つけたので入ってみました。シャンプーがなくなりかけだったのでこちらメンソール入りのを購入。他のお店より安く、他の品も安いのが目立ちましたので本当にローカルなんだと思います。アクア500mlが2000ルピアだったもの。

→この緑のセット、使った感想は、シャンプーはそうでもなかったですがコンディショナーがかなりスーハーして、熱い南国ではとてもいい感じでした。2点で200円くらいでしたが、コンディショナーだけで日本なら800円くらいはするので、これ何本か買って帰ろうかなと思っています。

ガネーシャ。

ポリス。

とおいわ~・・

ケンタッキー。
おまけにカメラが変で、オート設定にすると青っぽいんです。写真が。

バリのお花。

これいいですね。乗りたいな~。

突然割門が登場しました。ここから何かあるの?

プラマ社のシャトルバスのれるとこまでやってきました。ツーリストなので、ツアーもあるみたいですが。ただ、ローカルなお店がでーんとあって、看板が立ってるだけという・・およそ何かの窓口になってる感じがしなくてうっかり通り過ぎるところでした。

ここまで朝、来られたらウブドまで安価で行けるのですが、ここまで来るのが大変すぎてもう無理。

今回は自力でクタとかウブドとか難しい。

そのまままっすぐ歩いてたら突然海に出ました。ぁぁびっくり。このあたりからレンボンガン島へいく船がいっぱい出てました。

海沿いをずーっと歩いてみました。

ル メイヨール 美術館

以下のリンクのレビューに「海沿いから無料で入れる」と書いてありましたが、海沿いからの入り口に料金所がありました(笑)入るつもりはなかったので、門の前からちらっと撮影。

ル メイヨール 美術館 Le Mayeur Museum

ビーチをずーっと歩きます。

もっと写真を撮ったのに、オート撮影のは全て変な色になっていてボツ。なぜだ?と思ったら、ホワイトバランスがへんちくりんな設定になっていました。

誰がやった?!

自分しかない・・・
知らん。

ここでやっとカメラ設定が正しくなり、、、

ビーチの椅子で勝手に涼んでいたら、バリ人に声をかけられました。

バリ人「ニーハオなんとかかんとか」
私「???」
バリ人「かくかくしかじか」
私「じゃぱんよ」
バリ人「おー日本人ですか」目がキラキラーン。

大体、8割日本人、0.5割中国人、1.5割韓国人に間違われます。まぁ・・・似てますし時々外れるのは致し方ない。彼らも結構あてずっぽうでしょうよ。

日本人で目がキラキラなるのは怖いのですが、案の定ツアーの宣伝とか始めようとしたので「ツアーは行かないですよ。じゃらんじゃらんしたいの。」ときっぱりすっぱり。(じゃらんじゃらんは、インドネシア語で「散歩」)

それ以上は勧めてこないし、ぜんぜんしつこくなくてホッ。日本語会話したいのか?あれこれ話してこられるので、しばしつき合って、最後にミントの飴をくれて、歯磨き粉みたいだねって笑ってバイバイしました。面白いおっちゃんでした。

本日のおやつ1 クーラー付きワルンで一休み

汗だくで大変なので、クーラーを求めてまたここに入りました。いちごスムージー、美味しかったです。

が、スムージーが来る前に、私のテーブルの上を小さい茶色のアレがカサコソ這ってきてもうびっくり。

とうとう出たか、お前。
出会いたくなかったぜ。
ってか、こっち来るな。

動作は緩やかなのですが、あっちに行ってくれない感じだったので隣の席に避難しました。

店員さんを呼び、退治してもらいましたが、黒くてでかく成長したアレじゃなくてよかったです。

そして次に入ってきた西洋人の女の子がそこに座りました。そのテーブルを散々歩いてましたが、拭いておりませんよ。。

どのテーブルもそうなんでしょうね。見たくなかった。

気を取り直して。

ガソリン入れに珈琲豆が詰まってる珈琲ステーション。

シンドゥ市場

場所はわかりました。ここで早朝から市場が開かれ、お安い食材を現地の方が買うのですね。夜はワルンなどが出て賑わうようですが

日中はこの通りガラーン。

何もないのですね・・
早朝と夜、というのは出歩けない時間帯なので、ここが賑わっている時に訪れることはできなさそうです。残念。。

本日のおやつ2 Bread Basket

パンでも買って帰ろうと思って入ったお店が、素敵な内装でクーラーがきいていたのでそのまま居座ることにしました。

ケーキが食べたいと思い、

カフェラテとブルーベリーチーズケーキをオーダー。ラテは美味しかったですが、ケーキはチーズの味がどこへ?な感じでございましたが美味しくいただきました。

ここは税サ取られなかったので嬉しいです。お洒落なお店はTAXが20パーくらいかかることがあるのでここも覚悟したのですが、お代は500円くらいで済みました。

店内がお洒落で店員の動きもよく(あちこち綺麗にお掃除をしている印象)

仕切りに自転車オブジェがあったりと。

クーラーはやや弱めですが、ゆっくりくつろいでいると汗もかなり引いてだいぶ楽になれ、今からまた歩いて帰る気合いを充電できたのでした。

バリのサボテン。でか。

バリのお花。

帰宅後は即座に今着ていたものを洗濯し、シャワーを浴びてクーラー全開で休みました。夜ごはんは出かける元気もなく、適当に自炊。

本日のおやつ3

カップアイス。

少なすぎてウケました。なぜうずまき?